自宅用EMSスーツActive(アクティブ)の値段や通販サイト・SIXPAD価格比較

自宅用EMSスーツActive値段やメンテナンスにかかる費用を計算。

 

 

 

自宅筋トレマニアの視点から、

 

 

 

EMSトレーニングスーツ【Active】購入の値段は幾らかかるのか?

 

 

 

メンテナンス費用は必要なのか?

 

 

 

同じ機能を「SIXPAD」で揃えると幾らかかるのか?

 

 

 

というシミュレーションをしました。

 

 

 

EMSスーツを購入するか、部分的なEMSマシンを購入しようか迷っている人はかなり参考になると思います。

 

 

 

 

自宅用EMSスーツ「Active」の値段はどこで買えば最安値?

EMSトレーニングスーツ費用

 

 

 

自宅用EMSトレーニングスーツ「Active」の値段はどこの値段が最安値なのか?

 

 

 

全身6グループもの筋肉を一気に鍛えることができるトレーニングスーツ「Active」は、2019年7月から国内販売されてからずっと大人気です。

 

 

 

福岡にある「株式会社Dream box」が販売しているので、数少ない国内販売のEMSスーツとして人気があります。

 

 

 

トレーニングスーツ 3冠

 

 

楽天の「スポーツ部門」「フィットネス・トレーニング部門」「腹筋トレーニング器具部門」で1位を獲得して3冠に輝くほど売れに売れているわけですが、実は楽天で買うより税込価格26,400円も安く購入できる方法があります。

 

 

 

「Active」EMSトレーニングスーツを最もお得に購入する方法、それは「Active」公式サイトから購入することです。

 

 

 

なぜなら、公式サイトは時々キャンペーン価格で販売されているからです。

 

 

Active公式【Active】EMSトレーニングスーツ費用

 

 

例えば2020年6月30日までなら、通常価格198,000円(税別)が174,000円(税別)で購入できます。

 

 

キャンペーンが終了すると通常価格に戻ってしまうので、購入を迷っている人は絶対キャンペーン期間中に購入することをおススメします。

 

 

キャンペーン期間中なら迷わず買いの「Active」トレーニングスーツ公式サイト

Active EMSトレーニングスーツ費用

 

 

 

ちなみに後ほど詳細は説明しますが、トレーニングスーツ「Active」はジェル不要(汗で通電)なので、ジェルパッド交換などにかかるメンテナンス費用はゼロです。

 

女性

 

通常EMSマシーンはジェルパッド(ジェルシート、ゲルシート)の交換が必要ですが、あれって結構バカにならない出費なんですよね。


 

 

壊れない限りはキャンペーン価格で購入した174,000円(税別)以上の費用は掛かりません。

 

 

大手通販サイトの購入費用

 

念のため楽天、amazon、ヤフーショッピングでのEMSトレーニングスーツ【Active】の購入費用も調べてみました。

 

Amazon 楽天 ヤフーショッピング

Amazon最安値

217,800円+送料無料


楽天最安値

217,800円+送料無料


ヤフーショッピング最安値

217,800円+送料無料

 

 

 

結果は全て217,800円(税込)の統一価格でした。

 

 

先ほど説明した公式サイトのキャンペーン価格は191,400円(税込)です。

 

 

楽天やamazonなどで購入するより税込価格26,400円も安いということです。

 

 

ただし何度も言いますが、2020年6月30日までのキャンペーンが終了すると、通常価格に戻ってしまうので、購入を迷っているなら早めの決断が必要です。

 

 

Active公式サイトから購入するメリットは他にもあって、公式サイトならサイズが確実に揃うということです。

 

 

Activeサイズ表

  • 体重40kg〜135kg
  • 身長145cm〜200cm
  • サイズ:3XS、2XS、XS、S、M、L、XL、2XLの8種類で幅広くカバー

 

 

サイズ別在庫
↑楽天とヤフーショッピングは共に九州プレミアムモールというショップが販売していたのでLサイズの在庫がありませんでした。

 

 

在庫のあるなしはタイミングにもよると思いますが、やはり公式サイトが確実に揃っている可能性が大きいでしょう。

 

 

サイズ別在庫がほぼ確実に揃う「Active」トレーニングスーツ公式サイトActive EMSトレーニングスーツ費用

 

 

 

EMS機器のメンテナンス費用

SIXPAD

 

EMSパッドと言えば「SIXPAD」が有名ですね。

 

 

各社「SIXPAD」に続けと言わんばかりに似たような腹筋EMSパッドを販売しています。

 

 

ですがここで気を付けたいのが「購入後のメンテナンスにどれくらい費用が掛かるのか?」ということ。

 

 

通常EMSパッドは体に張り付け、筋肉への通電を行うため「ジェルパッド(ジェルシート、ゲルパッド)」という粘着性のシールが必要になります。

 

 

これ、使ったことがある人は分かると思いますが、パッドが劣化するとEMS機器がエラーを起こして使えなくなったりします。

 

 

「ジェルパッド(ジェルシート、ゲルパッド)」は汗をかいたり、体の脂分を吸って粘着力が落ちたり、下手に地面に落とそうものなら、ごみやほこりが付いて一発で使い物にならなくなることも。

 

 

例えば「SIXPAD」の場合、純正品とは違う「互換品」や「サードパーティー品」という名目で勝手に販売されているEMSジェルシートがあったりしますが、純正品でないジェルシートは通電性が悪かったり、粘着力が悪かったりしてあまり評判はよくありません。

 

 

ジェルパッドに関して
↑多分勝手に販売されている?「SIXPAD」の互換ジェルシート腹筋用 6枚×10セット価格7,800円

 

 

 

「SIXPAD」の純正品ジェルシートの価格を見てみましょう。

 

 

ジェルパッドの費用
↑シックスパッド アブズフィット2高電導ジェルシート×3個セット

【メーカー公式店】 MTG sixpad EMS ジェルパッド EMS パッド シックスパッド ジェルシート 互換品ではございません。 価格 11,286円 (税込)

 

 

商品名欄にわざわざ「互換品ではございません」と書いてあるということは、勝手に互換品として販売されているジェルシートが多いということ。

 

 

3個セットで11,286円というなかなかのお値段。(1個当たり3,762円)

 

 

購入者レビューを見ると、「やはり純正品は違う」「1か月毎に交換するくらいが良い」といった口コミが目立ちます。

 

 

男性

 

ということは「SIXPAD」はジェルシート代が、月当たり4千円近くかかってしまうということですね。


 

 

しかもこれ、腹筋用のジェルシートだけの話。

 

 

腕や太ももの機器を使おうとしたら、ジェルシートだけで幾らかかるのか?驚愕の金額は後ほど説明します。

 

 

その点、先ほどもちょっと触れましたが、「Active」はジェル不要です。

 

 

公式サイトを見ればちゃんと説明があります。
Activeはジェルパッド不要

 

 

「SIXPAD」の場合、純正のジェルシートを使うとして、月当たり4千円近くの費用が掛かってしまいますが、「Active」はジェル不要なので、一度購入してしまえば余計な費用が掛からないということです。

「SIXPAD」の腹筋だけのジェルシートを購入したとして、毎月交換したら、年間で約48,000円近く費用がかかってしまいます。

 

 

 

【Active】VS【SIXPAD】費用比較

 

 

「Active」のEMSパッドの箇所を「SIXPAD」で揃えようとすると、

 

 

「Active」のEMSパッド箇所 「SIXPAD」を「Active」と揃える

ActiveのEMSパッド

背中、ヒップ、太もも、胸、腕、お腹の6グループ

SIXPADのラインナップ

背中は無し、ヒップ、太もも、胸、腕、お腹の5グループ

「SIXPAD」は背中を鍛えるEMSパッドはありません。

 

 

 

「Active」のEMSパッドがある6グループ(お腹、両腕、両太もも、胸、ヒップ、背中)を「SIXPAD」で揃えたら費用がいくらかかるのか調べてみました。

SIXPADをActiveに揃えようとすると、、、

腹筋

シックスパッド アブズベルト
S/M/Lサイズ

43,780円

シックスパッド チェストフィット

29,480円

シックスパッド アームベルト×2台

50,160円

太もも

シックスパッド レッグベルト×2台

60,500円

シックスパッド ボトムベルト

42,680円

背中

ラインナップ無し

 

合計

 

226,600円

※全て「SIXPAD」公式サイト価格(税込)

 

 

「Active」と同じ個所を鍛えようとすると「SIXPAD」の場合背中のEMSが無いのに226,600円も掛かってしまいます

 

 

それと、「SIXPAD」全てを同時に使おうとしたら、全部充電する必要があるわけですが、そうなると以下の画像のようにたこ足で充電する必要があります。

 

 

SIXPADは充電が面倒
↑購入前にここまで想像ついていますか?

 

自宅用EMSスーツActive(アクティブ)の値段や通販サイト・SIXPAD価格比較
↑Activeはコントロールボックス1つに充電するだけ。

 

 

女性

 

「Active」はコントロールボックス1つ充電すればよいのでかなり楽ですね。


 

 

 

上の項目で「SIXPAD」の腹筋用ジェルシートの説明をしましたが、他の部位もそれぞれジェルシートの交換をしなければならないことを考えると、毎月の費用はかなり莫大なものになることは想像できると思います。

 

SIXPADジェルシート価格(公式サイト価格)

部位

月当たり

腹筋

約4,180円

両腕

約5,700円

両太もも

約5,700円

約2,300円

ヒップ

約5,100円

合計

約22,980円

 

5グループをきっちり使うとすると、毎月ジェルシート代だけで23,000円近く。
年間で計算すると、なんと275,760円も掛かってしまいます

 

 

「SIXPAD」はジェルパッドを毎月定期購入できるプランもあるようですけど、、、、、。

 

 

男性

 

ジェルシート代だけを考えても「Active」を買った方が断然得ということですね。


 

 

 

「SIXPAD」が悪いEMSトレーニング機器と言っているのではありません。

 

 

粗悪な中国製のEMSトレーニング機器と比べたら、EMSトレーニングをきちんと研究して商品化している「SIXPAD」はおススメできるEMSトレーニング機器と言えるでしょう。

 

 

クリスティアーノ・ロナウドも開発に協力されているようですし。

 

 

一部分の部位だけを鍛えたい場合は間違いなく「SIXPAD」が良いと思います。

 

 

ですが、全身くまなくEMSトレーニングをしたいと考えた場合は、費用面や充電などの効率、スーツの洗濯などのメンテナンス性を考えたら、ジェルパッド交換不要の「Active」の方が圧倒的にコストパフォーマンスが優れていると言えるでしょう。

 

 

ジェルパッド不要、充電も楽な「Active」トレーニングスーツ公式サイト

Active EMSトレーニングスーツ費用

 

 

EMSスーツ Activeの値段 【まとめ】

  • 2020年6月30日までキャンペーン中の「Active」公式サイトなら楽天やAmazonより26,400円(税込)も安く購入できる
  • 「Active」と同じ機能を「SIXPAD」で揃えようとすると、背中のEMSが無い上に本体価格226,600円(税込)もかかる
  • 「SIXPAD」を5グループ揃えると、ジェルシート代だけで毎月約22,980円掛かってしまう(年間275,760円)
  • 「SIXPAD」は台数が多いほど充電が面倒
  • 本体価格、ジェルシート代を考えると、メンテナンス費用が不要な「Active」は初期費用以外不要

 

Active動画Active

 

 

おすすめリンク

 

EMSスーツActive関連の詳細情報があります。

 

【筋トレマニアが選ぶ】EMSスーツ購入をするならどの製品?【EMS初心者向け】